浜松卸商団地について

浜松卸商団地とは

 協同組合浜松卸商センターは昭和42年8月、浜松商工会議所が「卸売業のあり方」懇談会を開催したことがきっかけとなり、中小卸売業の高度化事業である店舗等集団化事業により『浜松卸商団地』の建設に取組むため、昭和43年3月に設立されました。

 浜松卸商団地は、昭和46年の完成から40年余年が経過した今日も浜松市の物流拠点としてその機能を果たしています。

このページのTOPへ